故郷の墓にいれてもらいたい

糖質制限ってどうなの?

 

 糖尿病の治療の一部として、糖質制限がよく取沙汰されています。従来カロリー制限は糖尿病の治療には必ず付いて回りましたが、糖質制限という考え方は比較的新しいものです。
 炭水化物の摂取をなくしてタンパク質を中心に栄養をとることで、わかりやすく言うと、主食としている、ご飯、パン、麺類などを除いたもので食事をすることです。炭水化物の摂取をしなければ、原則、他のものは何でも、量を気にせずに食べていいと言うわけです。カロリー制限の観点からすると夢のような話です。おすすめのサイトは横浜市 糖尿病におまかせ!

 

 すぐにでも飛びつきたい話ですが、躊躇してしまうのは、推奨する医師も入れば、危険性を指摘する医師もいるという事です。これには悩んでしまいます。医学的な見解だとこうで、民間療法だとこうだ、という棲み分けであれば、自己責任で判断することもできますが、医師の間で意見が分かれていると、患者としてはどうすればいいのか判断ができません。
 最近では医師同士の議論もエスカレートして、罵倒し合うような状況まで出てきています。熱心なのはわかります。でも糖尿病患者にとって一番ありがたいのは、安全で効果的な食事療法の確立だと思います。