親父のがん治療について

親父のがん治療について

現在親父は86歳でだいぶやせていますが元気に実家で暮らしています。60代で胃癌にかかり胃の3分の2を切除しました。
こちらからがん治療 免疫について知ることが出来ます。
病院は有名な司会者がスキルス性の癌にかかって最初に手術をうけたところなので、かなり家族で心配しましたが、昔からの主治医だったこともあり、そもまま受けることになりました。
お探しの免疫治療 がん療法についてはこちらです。
結果は成功しいとこの看護婦さんが手術痕をみるときれいだと褒めていたのでほっとしました。胃癌は手術がほとんどで、抗がん剤や免疫治療には適していないようだったので、現在も早期発見の外科治療が一番りすくのない方法です。
免疫治療 病院をお探しならこちらです。
その後は転移もなく順調でしたが、咳がひどくなり病院でみてもらったところ肺がんでした。
気になる方は免疫治療 NK細胞←をクリック!
幸いにも胃癌からの転移でなく、ごく初期だったので薬で小さくなる方法を選択しました。肺にはまだ少し暗いところがあるようですが、進行が抑えられているようです。
話題の免疫細胞 最先端情報についてはこちら!
発見できたのも定期的に病院にいき診察してもらっていることと、小さなことでも先生に問い合わせてみて検査することだと実感しています。