寄付・支援金(チャリティー)の断り方について

寄付・支援金(チャリティー)の断り方について

今から数年前、震災がおこって間もない頃に、私の友人の田中(仮名)という人が実家を家族ごと失いました。悩んでるならこちら寄付は皆が参考にしてます。

 

あまりに突然の出来事だったためかいつもは冷静で優しい田中は取り乱し、Facebookなどで「寄付・支援金(チャリティー)を僕に10円でもいいから払ってほしい」と口座番号つきでメッセージを送ってきました。参考にしてね寄付団体を見るべき。

 

このメッセージはどうやらFacebookで繋がっている知人全員に送られてしまったようだったのですが(嫌な気分になった人も少なからずいたようだったのですが)、私は「寄付金をどう使うかわからない団体に寄付するよりかは田中に渡したほうが安全だ」と考えたので、たった千円という額ではありましたが、教えてもらった口座に千円を送金しました。詳しい情報なら募金を見て。
あなたの調べていることはここ→チャリティーに是非アクセスしてください。

 

その後、田中からの連絡は途絶えてしまいましたし、送金した知人の中には「あいつは本当は震災なんて経験しなかったんだ」「事業か何かを興すため、それか、個人的な借金か何かに充てたのだろう」なんて言う人もいるのですが、私は彼を信じるしかないのだと思っていましたし、寄付というのは「騙されてもいい相手」にのみ払うようにするのが本当なのだろうなと今も思っているのです。参考にしてくださいね支援で悩みを解決。